かんたんに車の金額を調べよう

  • 車の用途が変わった
  • 飽きちゃった
  • ちょっと調子が悪い

車の相場が気になるときの理由はさまざま。ですがみんな気になることは、

  • 仮に売るならいくらで売れるのか
  • その相場はどう調べると良いのか

ということに尽きるのではないでしょうか。

この記事を書いたのは私です

全国に拡がる某T○Xという、

税金みたいな名前の中古車店

で店長をしてきたゆーすけが、愛車の相場をかんたんに調べる方法をまとめてみました。お急ぎで車の価格相場を調べたいなら、こちらからお進みくださるとすぐに分かります。

→取り急ぎ車の買取相場を調べる

相場を調べるには3つの方法が

車の相場を調べるには、当然といえば当然ですが、買取査定をしてもらうことになります。

____嫌です_____

…はい、もちろんでございます。私も自分の物を人に評価してもらうのって、すごく抵抗がありますから…。

ですがその買取査定、ミスってしまうととんでもなく損をしてしまうので、くれぐれも要注意。損をしないよう、ここから順を追って説明しますね。

1ディーラーで相場を聞く

やっぱり車といえばディーラー、そう思っている人も実際多いですね。

私も元々NIS○ANディーラーに勤めていた過去があって、仕組みはよ~くわかっているので説明しておきますが、ハッキリ言ってディーラーの査定相場はめちゃくちゃ安いです。

6年経った車の買取額は1,000円

って知ってましたか?

これは、減価償却法という計算方式。基本的に車の価格を6年間で均等に割って、それを過ぎると0評価にするという、いわば減点方式の査定。

でもさすがに0という提示をするわけにもいかないので、おまけ程度で1,000円だけ付けておきましょうというところでしょうか。まぁそこに車検が少し残っていたりしたら、さらに数千円アップ(←それでも数千円か)でしたね~。

よく怒られたものです

かつてディーラーに勤めていたとき、1,000円という値段をお客さんに提示して、

ふざけるな! お前は俺を舐めてるのか!

…なんてよく怒られたゆーすけです。

ですから安い値段で売りたい、ディーラーへ少しでも利益供与したい!って人は、迷わずまっすぐディーラーへ行くことをオススメします!

…ホントにそれでいいならの話ですが。

2中古車買取店に持っていく

次に相場を調べる方法として、マチナカでよく目にする看板、ガリバーやユーポス、ビッグモーターなど、名だたる中古車店に愛車を持ち込んで査定してもらう方法です。

これが普通に考えつく方法としてはもっともポピュラーな方法で、大抵の人はディーラーか、この中古車店で買取査定を依頼することが多いようです。

休みの日は1日予定を空けておいて、朝から順番にお店巡り。中にはお茶菓子目当てに行かれる猛者もいらっしゃるくらいですが、そうして転々と暇つぶしというか、お時間があって冷やかし回りたいのであればこれもいいですね。

ですがそのうちお茶やコーヒーにも飽きてきますし、店が変わるたびに何度も何度も名前を書かされたり査定に時間を取られたり。

休みがいっぱいあって、たくさんの人とお話したい人にはおすすめですが、本来、車を高値で売る、査定してもらうということから考えますと…。

…やっぱりお休みは有意義に過ごされた方が、良いのではないでしょうか。

それでもお店巡りをしたいのであれば、近くの買取店はお店ごとに以下よりお進み下さい。このうち5社くらいに問い合わせすれば、そこそこ納得の行く金額が出るはずです。

ガリバー 0120-22-1616 代表HP
ビッグモーター 0120-17-0001 代表HP
アップル 0120-233-550 代表HP
カーセブン 0120-567-527 代表HP
タックス 代表番号なし 代表HP
カーチス 0120-55-0010 代表HP

だいたい全国どこの町にもありますよ~。

3ネットオークションなどに出す

一般的なのが個人でも出品できるヤフーオークション。最近ではメルカリやツイッターなどでも個人売買の買い手を募り、売買をするケースも見られるようになってきました。

ですが相場を調べるということにはちょっと不向き。さすがに相手は相場を教えてくれる業者ではないので、単純に欲しいところの金額でしか交渉してくれません。

生活保護の受給等で査定書を出したい場合には無理がありますし、実際見知らぬ人間との売買になりますから、名義変更前にトラブルになることも多々あります。

ネットでの個人売買は危険がいっぱい

実際ワタシも車屋時代、ヤフオクで何度か売却しましたが、「名義変更誓約書」なるものを書いてもらっていたにも関わらず、しっかり翌年に自動車税が来て困ったこともありました。

業者である我々もこんな調子ですから、一般の方々はもっと大変!

こうしたトラブルはなかなか防げないため、ネットオークションなどでの売却は、あまりおすすめできない方法と言えますね~。

ネット画面に相場が出る

今、車種が何かがわかっていて(←女の子でも車名くらいは知っていて欲しい…)、だいたいの年式や走行距離がわかっていれば、PCはもちろん、スマホで入力するだけで、かんたんに概算相場がわかるようになっているのをご存知ですか?

さすがネット社会!便利になりましたね!

いいですか?

  1. 年式を入れる
  2. 車種を選ぶ
  3. 距離を入力する
  4. 色を選択する

なんとたったこれだけで、今までの買取実績からの概算価格を表示してくれる!

しかも深夜であっても早朝であっても関係なく、上記では5社に連絡しないといけなかったのが、ここには1社のみ連絡すればOKなわけです。

あなたの車を競り合ってくれる

そしてもちろん相場を調べるだけじゃない、実際売る場合においても先ほどのガリバーやユーポス、ビッグモーターなど、名だたる中古車店が査定をしてくれる。わかりやすく言うと

あなたの愛車の値段競争してくれる

んです!

イメージとしてはこんな感じ。

しかも査定依頼されてる側(中古車店)は、一斉に買取依頼されていることがわかっていますから、やっぱり売るのはやめとく~ってなった場合でも、

ごめんなさい、売りません

といえばOK。売って欲しくばイイ値段つけてくれって態度でいいのです!(←もちろん横柄な態度じゃなく丁寧な態度でネ)

買取場所も全部指定できる!

ディーラーや中古車店を回るときは、自分のガソリン代を使ってお店巡りをするわけです。自分の車を売るのになんで自分のガソリンを使うのですか?

しかもワタシが店長をしていたお店なんて、買取で成約されたお客様を、そのまま歩いて帰していましたからね…。まぁ、それは普通っちゃ普通なのかもですが…。

それがこのサービスを使うと、自宅であろうが会社であろうがどこにでも来てくれる。しかも向こう持ちのガソリン代で。自宅が知られるのが嫌なら、どこかのホームセンターなど、でっかい駐車場を指定するのもイイわけです。あ、その代わりホームセンターでちゃんと買い物でもしてあげてくださいね。

そうしたら3社なら3社、5社なら5社を一気に呼んで、同時に査定させれば時間も短縮されるし、無駄な交渉も省けるってもの。これだと買取店巡りの間に事故する心配もないですよね!

#実際に過去、買取当日にお店の前で事故されたケースがあったんです…。

当然ですが、売るのはこちら主導です

何社も呼びつけたからと言って、愛車を絶対に売らなくてもイイわけです。

もちろん、いたずら目的はモラルの問題になりますから、そこは常識の範疇で。だけど思った値段がつかなければ売る必要なんて全くないじゃないですか!

向こうも商売でしょうし、あれよこれよと巧みな話術で言ってくることもあるでしょう。ですがそこは頑として、

「○万円以上じゃないと売れません」

といえばイイわけです。まぁ向こうもそう言われるとそれ以上は言えないでしょう。

相場を知りたかったとはいえ、値段を聞いて売りたくないのであれば、別に向こうがしつこいからって売る必要はないですから、そこは遠慮なく断ってしまえばOKです。

結局何が大事かといえば比較

車を売る要素として、何が大切かといえば、お店選びでも担当者選びでもありません。

要するに価格の比較をすること

の一言に尽きるのです。

ディーラーや買取店は、こちらのクルマのアラをたくさん探してきます。仕方ないです、それが仕事ですし、ワタシも勤めていたときは社長から、

「お客のクルマをけなすのが仕事」

などと教えられてきました(←ひどい会社だったのかも)。

ですがいくらけなしてもけなしても、他店と比較されるとどうしようもない。少々の傷や汚れなんて見なかったことにしないと買取りすることができません。

さらには、みんな一斉に業者を呼ぶと、「他店が○万円付けている!」というのを嘘だと言えなくなりますから(←目の前で他店とも交渉されるので)、買取店としては本当に弱くなってしまうのです。

買取店をいい意味で困らせよう

1店舗ずつ回って査定してもらうより、みんな一斉に査定させて比較したほうが、間違いなく有利であることがわかるかと思います。

相場を調べておきたいだけでも使えて、実際買い取ってもらうのときは高値で買い取ってくれる可能性があるこのサービス、使わない手はないでしょう?

 

今、どんな車が高く売れるの?

この令和の時代、いったいどんな車が高く売れるのかをご存知でしょうか?

故障していてもお構いなく高値が付く車。また生活が苦しいからちょっとでも高い値段を期待したい、そんな思いに応えてくれる車種はこちらです。

トヨタの車
トヨタの車が高い理由

まずはトヨタ。このメーカーの車であれば、まず高値で売れること間違いなしです。

トヨタのほぼ全車種が海外へ輸出

されていき、主にロシアや東南アジアを中心に、後進国などにどんどん流れていきます。

理由はやはり世界のトヨタというネームブランドと耐久性。ランドクルーザーやハイエースなどは100万キロ走ってもまだまだ走るという耐久性から、全世界のユーザーに支持されています。

軽自動車

すべての軽自動車が売れる
軽自動車なら全般に高値で売れます。この軽自動車は貿易にはほとんど出ることはなく、大抵は

国内リユースのため高値

で売れます。今流行りのトールワゴンタイプのものはもちろん、営業車で使うようなバンタイプのものやトラックに至るまで、すべて高値で売れると思ってもらって大丈夫です。

コンパクトカー

1500CC未満のコンパクト
経済性を求めるユーザーが多いので、この1500cc未満のコンパクトクラスは根強い人気を保っています。

中でもハイブリッドカーは無類の強さ

を誇り、走行距離が20万キロ走っていても普通に値段がつくとも。海外への貿易も積極的に行われていますので、かなりの高値を期待できるでしょう。

ミニバン

国内でも海外も人気です

国内では人気のミニバン。最近では後進国でも広さとゆとりを兼ね備えたミニバンクラスが人気となってきました。
特に排気量が2500cc未満
ミニバンは国内外問わず大人気。維持費も安く、レギュラーガソリン仕様が多いので、再販するにはとても高値のつく車種であると言えますね。
スポーツカー
頭文字Dなどの影響で
人気漫画頭文字Dの影響や、車に楽しさを求めるユーザー層から熱い支持を得て、特にマニュアルトランスミッション(MT)の人気がすごく、かなりの高値を推移しています。
軽自動車のターボのホットモデル、シビックやインテグラなどのライトウェイトスポーツや、シルビアやロードスターなどのFRスポーツ、その他ハンドリングマシンのRX-7など、挙げればキリがないくらい
ホットなスポーツカーはタマ不足
ということもあり、とても高値で推移しています。
バンやトラック
働く車は高く売れる!

ハイエースなどのバン、そして小さな軽トラックから大きな11tのトラックまで、働く車は輸出も盛んに行われていることから、とんでもなく高値で売れています。

20万キロの過走行や、外装の凹み、タバコの焦げ跡は当たり前。そんな

程度が悪くてもガンガン売れる

のはこのジャンルならでは。安定の高値です。

今すぐ値段を調べてみるならこちらから

なぜこうした車は高く売れるの?

なぜ、高く売れるのか、もう少し突っ込んで見てみましょう。

1海外へ輸出されている

高く売れる車の条件として、輸出されることというのは第一条件です。はっきりいって

車のコンディションは二の次

なので、故障してようが凹んでいようが関係ない車種も中にはあります。

繰り返しになりますが、まずは輸出されているのかどうなのか。これが重要な条件となります。

2市場に人気があるかどうか

もう1つの理由は人気。

新車時に売れていたからといって、中古車になっても人気が続くとは言えません。デザインやスペック、維持費などでの総合的に人気車であるかどうかが重要です。

新車時に売れていて中古車でも人気が続いてる例でいえば、プリウスやアクア等のハイブリッド車や、アルファードやヴェルファイアなどのミニバン、さらにはトランスポーターとしてのハイエースなどが挙げられます。

トヨタの車の人気は全世界共通

であると言えます。

3内外装や機関の程度

上記1と2が前提で、ようやく内外装の綺麗さやエンジンやミッション、エアコン等の機関の調子が問われます。

もちろん綺麗であるに越したことはありませんが、中古車の売却事情からすれば、

意外と関係なく売れることが多い

のです。

気軽に調べてみよう

~最後にヒトコト~

もちろん、高い安いはあるとは思います。

そして、本気で車を売りたい人もいれば、値段が高かったら売ってもいいかなって人も。

さらには、売りたくはないけれど、何らかの事情で手放したほうが良いのかなと思っている人もおられると思います。

でも、中古車屋で長くやってきた私が言うので間違いありません。意外と思ったより敷居は高くないので、気軽に問い合わせてみても問題ないですよ。けっこう、査定に行ったけど売ってもらえなかったなんてザラにあったことですから。

良ければこちらから、試してみて下さいね。